リサイクルショップの用語集

ページタイトル画像

リサイクルショップの用語集

お問い合わせ

FAX問合表

②リサイクルに関するリサイクルショップの用語

①3R・・・・循環型社会を目指す標語。リユース(REUSE)・リデュース(REDUCE)・リサイクル(RECYCLE)の頭文字Rを使って3Rという。

②リユース・・・英語のREUSE。 再利用・繰り返し使う意。

③リデュース・・・英語のREDUCE。 発生抑制・ごみを減らす意。買う量・使う量捨てる量を減らす事。

④リサイクル・・・英語のRECYCLE。 再生利用・再資源化・再び資源として生かす意。

⑤エコマーク・・・商品のライフサイクル全体を通して環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品につけられる環境ラベル。、「環境(Environment)」と「地球」(Earth)の頭文字「e」を表した人間の手が、地球をやさしくつつみ込んでいるすがたをデザインしたもの。消費者や企業の環境への意識の向上と行動を目的としている。

⑥グリーンマーク・・・古紙の回収・利用の促進を図るため、古紙を原料に利用した製品であることを容易に識別できる目印として公益財団法人古紙再生促進センターが1981年に制定したマーク。環境ラベリング制度の一つ。

⑦家電リサイクル法・・・一般家庭や事務所から排出された家電製品から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律。

⑧樹脂識別コード・・・プラスチック製品に表示される、材料のプラスチック樹脂を識別するためのコードおよびマーク。材料の種類ごとに別々にリサイクルする必要がある。しかし、樹脂識別コードの付いたプラスチック樹脂の全てがリサイクル可能であるとは限らない。

⑨資源有効利用促進法(PCリサイクル)・・・PCリサイクルは、「資源有効利用促進法」に基づく、ご家庭で不用となったパソコンを回収・リサイクルする仕組み。PCリサイクルマークが付いている場合、メーカーが無償で回収・リサイクルしてくれる。

⓾識別表示・識別マーク・・・消費者が容器や包装を分別排出しやすいように、商品に容器包装の素材を表示すること。再生資源として利用することを目的として、分別回収を容易にするための物。

⑪廃品回収・・・再生可能な資源となる不要品を、再生する目的で回収すること。

⑫5R・・・標語の3Rに、リフューズ(REFUSE)・リペア(REPAIR)を加えたもの。3Rをさらに強化し地球環境の改善を進めるための標語。

⑬リフューズ・・・英語のREFUSE。 いらないものは断る・無駄な買い物をしない意。

⑭リペア・・・英語のREPAIR。壊れたものは修理して使うの意。

①買取に関するリサイクルショップの用語

①買い取り・・・お客様が売りたいものをリサイクルショップが現金等で買い取ること。

②持ち込み買取・・・お客様が売りたいものをリサイクルショップのお店に直接持ち込み買い取りしてもらうこと。一般的に他の買取手法よりも最も高く買い取ってもらえる。

③出張買取・・・お客様が売りたいものをリサイクルショップを呼んで、自宅や会社で買取してもらうこと。出張する分、安めの買取価格になります。大きなものは出張買取が便利です。

④郵送買取・宅配買取・・・お客様が売りたいものを郵送して買い取ってもらうこと。近くに買い取ってもらえるお店がない、あるいは近くのお店の買取価格が安い時に便利です。

⑤早朝買取・・・朝早く買取するサービス。仕事前に買い取ってもらえるので時間を有効に使えて便利です。

⑥夜間買取・・・夜に買取するサービス。夜しか時間がない方に便利です。

⑦24時間買取受付・・・インターネットやメール・LINEでの買取の受付。受付の返事がすぐ返ってこないことがあるというデメリットはありますが、電話での対応が苦手の方や、時間を有効活用したい方に便利です。

⑧LINE買取・・・LINEを使って買取依頼をして買い取ってもらうこと。画像等を簡単に送れるので便利です。

⑨査定・見積り・・・お客様が売りたいものの買取金額を決める事。

⓾買取見積書・・・買取金額を書面化した物。ほとんどの場合、お店に依頼すれば作成してくれます。

⑪出張・・・仕事で他の地域、場所に臨時に派遣されること。

⑫無料査定・・・査定を無料で行うこと。出張で行ってくれるところもある。

⑬買取不成立・買取拒否・・・買取依頼したお品の査定額がお客様の希望に沿えなかった時やお店側が買取ができないお品の時に買取を中止すること。

⑭無料引取・無料回収・・・お客様が処分したかったり、売りたいものを、双方の合意で無料で引き取ること。

⑮鑑定・・・物の真偽・良否などを見定めて判定すること。

お問い合わせ

FAX問合表

pagetop