リサイクルショップについて

ページタイトル画像

リサイクルショップについて色々コメント致します!

お問い合わせ

FAX問合表

③リサイクルショップで買う

リサイクルショップで物を買うとき疑問に思うことがあると思います。
まず、なぜその値段なのか?どのようにして値段を決めるのかです。最近はオークションや楽天などのネットでの中古販売が盛んなためそれらの販売価格を参考にしているところが多いと思います。しかしすべてがそうではなく、なかなか手に入らず人気のお品は高めに、数が多くて相場の値段ではさばききれない時は安く価格設定します。
また、家電製品や工具などはほとんどの商品に保証を付けておりますので、ノークレームで売られているネットオークションよりも高くつけられています。
お店の運営では商品の回転率を考えながら運営いたしますので、数か月で売れる価格というものを探りながら価格付けをしています。すぐ売れる価格では安すぎる、かといって1年も2年も売れない価格では高すぎるという具合に価格調整をしていきます。
価格はともあれ、ネットでの買取は実物も販売人もわからず、しかも保証がすくなくクレームがつけにくいという点で不安が多々ございます。
その点 リサイクルショップなら安心して購入しやすいのは確かでしょう。
次に 購入した商品に不具合があった場合はどうすればいいのかです。
保証が付いているお品については保証内であればお店にその旨を伝えて返金、交換、値引きなどの交渉をしましょう。
保証のついてないものについては残念ながら対応できませんのであきらめるしかありません。ただ、なじみの店でしたら、次回購入の際に値引きしてくれたり、何か埋め合わせをしてくれるかもしれません。
購入する前に保証の件や故障した時のことを前もって調べておくと良いでしょう。
リサイクルショップで売られている品で、こんなもの買う人がいるのかと疑問に思うこともあると思います。
リサイクルでの購入目的は新品のそれとは違い多岐に分かれます。よくあるのが、もう手に入らないお品や部品を買うということです。販売価格が安い為、売っているお品のある部分のみがほしくて購入する場合もあります。また、もとの用途とは違う目的で加工などをして使うために購入する人もいます。
人それぞれがいろいろなことを考えていますのでニーズがさまざまあり、販売する方も何が売れるのかわからないのも確かです。
ネットでの購入は不安が付きまといますが、リサイクルショップでの購入は保証や店員の対応を調べておけば比較的安心してできるということです。
また、すべてが相場を調べて価格付けしているわけではないので、
思わぬものが思わぬ価格で手に入るのもリサイクルショップの醍醐味でしょう。

②リサイクルショップで売る

家のかたづけに大いに役立つのがいらないものをリサイクルショップに売るという行為です。すぐに物が片付くだけでなく、お金をもらえるという一石二鳥の便利な方法ではないでしょうか?
まず、小さなもの、自分で運べるものは自分でリサイクルショップへ持ち込みましょう。中には買い取ってもらえないものもありますので、そういったことも考慮に入れておいてください。基本的には、新品時にある程度の値段がするものでないと、しっかりと買取はできません。持ち込んでも無料引取や微々たる価格での買取の場合もの多々ありますのでご了承ください。
次に大きな家具、家電、工具、機械などは出張買取をご依頼ください。当方も出張するからにはある程度の利益が見込めるものしかお伺いできません。電話などでお問い合わせの際、メーカー、年式や型番などをお聞きしますので、面倒ですがお答えください。内容により出張できるのか判断させていただきます。
ある程度利益が見込めそうなご内容でしたら、見積もりは無料で行います。ぜひご利用ください。
また、買い取れない場合でも処分業者を紹介したり、処分方法をお伝えできる場合があります。お気軽にお問合せください。
家の片づけをするスピーディーな方法は、まず、断捨離でいうところの、物を処分するという事ではないでしょうか?その際にリサイクルショップの買取を大いにご利用ください。家の中が、簡単にすっきりして、快適な生活をお送りできると思います。

①リサイクルショップを始めるには

リサイクルショップを始めるにはまず古物商の営業許可を得なければなりません。取り扱う古物により許可内容が変わります。当方は道具商、事務機器商などの許可を得ています。
関連法律 古物営業法
申請場所 最寄りの警察署
許可条件 ①破産者ではない
     ②被後見人や被保佐人ではない
     ③刑罰を受けていない人(刑罰の内容や執行終了後の期間による)
     ④住所の定まらない人
     ⑤未成年者ではない人
     ⑥古物営業の許可を取り消されてから、5年を経過しない人
申請書類 ①古物商許可申請書
     ②住民票の写し
     ③身分証明書
     ④登記されてないことの証明書
     ⑤履歴書
     ⑥誓約書
     ⑦定款の写し
     ⑧会社登記簿謄本
     ⑨その他書類
審査期間 1ヶ月~2か月くらい
審査が終わると古物商の営業許可を得ます。その際 古物許可証をもらいます。
古物営業をやっている大切なものです。また、古物商プレートの表示義務がありますので、警察署などで購入します。
詳しくはこちらをご覧ください。

  • 古物商許可証
  • 古物プレート
  • 左が古物商許可証 右が許可プレートになります。
    プレートは店に表示する義務がありますので、当店でも店頭にて貼り付けてあります。

お問い合わせ

FAX問合表

pagetop